最新情報

HOME» 最新情報 »干しキス製造の様子。エビアレルギーの人はご用心!

最新情報

干しキス製造の様子。エビアレルギーの人はご用心!

良い天気が続きますね~(^.^)
春によく魚を干すんですが、今年はホタルイカの漁獲が多くて底魚を干す機会が少なかったような…。
もうすぐ底びき船の漁期が終わるので、焦っている店長の今西康喜です。

今回は「干キス」について、チョット説明いたします。
一般的に山陰で「干キス」に使用しているのが「ニギス」
砂浜の投げ釣り等で釣れる「キス」に似ていることから「似ギス」と名付けられたとか。
浜のキスと種類が違うんです。
沖で獲れるので「沖ギス」とも呼ばれます。

最近香美町では「キス場のノド」が美味しい!としてノドグロをPRしておりますが、そのノドグロに食べられているのが「ニギス」です。

​秋の「ニギス」は脂がのり過ぎてギトギトしている場合がありますが、春は程よく脂がのっていて美味しいですよ。

弊社では、競り落とした「ニギス」を塩水に漬けます。

​数時間後、選別し串刺し作業。


「ニギス」は頭を目玉から串刺しします。

内臓は取らないので、串刺し作業までの時間は他の魚より早いです。

でも、乾かす時間は他の魚より長くかかります。

内臓を取っていない分、水分がなかなか抜けないので。

​数時間乾かすと、腹側が白くキラキラ輝きます!

腹側から見るとこんな感じです。

​乾燥後は、箱詰めして急速冷凍!完成です!

​ザックリとした説明ですいません。

​焼いた後、冷めると身が固くなるので、なるべく焼きたてを召し上がってくださいね~(^.^)

さて本題、エビアレルギーの人はご用心です。
​ニギスはオキアミ(小さなエビ)を食べている場合もあります。
​すべてのニギスがオキアミを食べていないですが、外見からは分かりません。
内臓を取ってないので、そのまま食べるとオキアミも一緒に口に入ります。

エビアレルギーの人は内臓を警戒して、身だけを召し上がってくださいませ。

私は、オキアミも好きなので、そのまま食べます!
​エビが好きな人は、内臓ごと召し上がってくださいね~(^.^)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
小さめのニギスは「SKS」と呼んで香美町商工会青年部さんがPRしております。
ほし(スター)・キス・ステックの頭文字です。
好きな人は頭から骨ごと食べてます。
カルシウムたっぷりで健康にも良いんですよ~♪

でも、私は頭と骨を残します…。
​大丈夫、カルシウムは摂っているから!!
そんな店長が干した「干キス」は冷凍してますので年間通じて確保しております。
ネット販売しておりますので、いつでもよろしくお願いします。
今西食品ネット通販
電話:0796-37-0016
​FAX:0796-37-0566
もちろん電話やFAX、店頭でも販売いたしております。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弊社の会長、私の親父「今西弘」です。
​つぶらな瞳が特徴です。

この写真を使おうかと思いましたが、ニギスと服の色が同化していて、分かりにくいかなと…。
​なので、オチに使いました(^.^)

2017/05/30

最新情報

管理画面